手汗 止める

手汗を押さえるために原因を確認

手汗抑えるために何かされていますか?
緊張したり仕事中などは、とてもたくさんの汗をかきますね。
しかし、すぐに洗いにいけるわけではありません。

 

手掌多汗症という症状があるほど、日常的に手に汗が出る方もいるほどです。
手汗ははっきりとした原因はわかっていないようで、
いくつかの要因が密接に関わっているのではないかとも言われています。

 

そのいくつかの要因をご紹介しましょう。
手汗が気になる方はチェックしてみてください。

 

@ストレスによるもの
仕事や人間関係、環境の変化、家庭内の事情など、
現代人は常にストレスにさらされています。

 

そのストレスを継続的に受け続けると、慢性ストレスになり体調を崩すことがあり、
その症状の一つに手あせも含まれているようです。

 

A自律神経の影響と精神的発汗
自律神経が上手く伝達できず自律神経失調症を患っている方に多い症状に手汗があります。
これは交感神経と副交感神経が上手く調節できないために起こる症状だと言われます。

 

また、うつ病などの方にも手汗はみられます。

 

B肥満による症状
肥満の方は脂肪細胞が多くあり、放熱が出来にくいようです。
そのため汗たくさんかいて体温を調節するため、通常の人より手汗の量も増えるようです。

 

このように、手汗の原因には様々なことが考えられます。
これらの要因に心当たりのある方は、症状の軽減に努めると良いでしょう。

 

手汗は決して好まれる症状ではない為、少しでも改善できると良いですね。
ピーチローズ 口コミ

 

手掌多汗症の治療について

手掌多汗症と診断されるような手汗がひどい人は、なるべく手術をしない方法で
この病気を治すことに専念します。
しかし、それが限界と判断された場合、手掌多汗症の手術があります。
ただし、これは最後のさらに最後の手段だと思いましょう。

 

手術の前の手掌多汗症の治療

多汗症の治療法には、心身療法である自律訓練法や精神安定剤による治療、
薬物療法やイオントフォレーシスという治療方法があります。
薬物療法やイオントフォレーシスは、一時的には改善が見られますが
多汗症を完全に治すことはできないようです。
その理由は、多汗症の原因が交感神経の機能亢進なので、
そうなると最後の手段はその神経の働きを止めることになります。

 

多汗症の内視鏡手術とは

多汗症を完全に治療するのは内視鏡手術(ETS手術)です。
内視鏡手術では皮膚に小さな傷をつけて、そこからカメラのついた細い管を入れて患部を見ながら手術をおこないます。
なお手術は左右両方の交感神経を切断しますが、手術の所要時間は両側で10分程度です。
なおこの種々には健康保険が適用されます。
.

内視鏡手術の副作用について

この手術で手汗は完全に治すことができますが、副作用として首や顔が暑く感じられるという人がかなりいるようです。
また、手術後に胸や胴や大腿部の汗が多くなったという人がかなり多いようですが、
これが代償性発汗と呼ばれる副作用です。
また、手術後に手のひらがカサカサになって保湿液が欠かせないという人が多く、
冬にはひび割れなどができることもあるようです。
しかし手術を受けた過半数以上の人は手術をして良かったと感じているそうです。
エクラシャルムの口コミ