手汗 抑える 方法

自律神経失調症は手汗の要因になる

人間の身体には神経が駆け巡っており、その全ての神経が重要ですが、
神経に刺激が加わると、意外な形で精神と身体が影響を受けます。

 

当然「怪我を被れば痛みがある」のは意外なことではないので、理解の範疇ですが、
それ以外のケースでは、身体の異常の要因が神経だとなかなか判明しない場合もあります。

 

手汗と自律神経失調症の関連性

自律神経は、食物の消化、生殖、体温調整、呼吸、血液の循環、
そして今回の主題である、発汗等の身体の機能をコントロールする役割も担っています。

 

ところが、良くも悪くも自律神経は意志によるコントロールができないので、
自律神経の変化は色々な病気を引き起こします。

 

自律神経には副交感神経と交感神経が存在し、この調和が乱れると、
手汗という症状が現れるのです。

 

 

交感神経と発汗の関連性

発汗するのは、交感神経が反応を起こすからです。
普通は、運動や極端な興奮・緊張などに反応するものです。

 

汗は、交感神経の動きのレベルがその分量を調整しますが、
交感神経の働きが大きいほど、発汗量は増加します。

 

ですから、交感神経の動きによって手汗が生じると言えますが、
交感神経の動静によって発生する手掌多汗症とは違い、
交感神経が活性化し過ぎる事が原因の、精神性発汗が存在します。
精神性発汗は、気持ちが落ち着いて緊張がほぐれればひとりでに治ります。

 

反面、手掌多汗症による手汗は、交感神経の乱れが要因なので、
交感神経そのものの狂いを正さなければ、ひとりでに改善する事はありません。

 

単純な精神性発汗とは違い、交感神経の狂いや変動を改善するには、
心療内科医院などに診てもらう必要性があり、自力でコントロールする事は不可能です。
顔汗 クリーム