手汗 抑える 方法

誰もが最初にしてみる手汗対策

手汗を改善したいのであれば、最初に誰でも行える手当て対策を施しましょう。
まずは、ハンドタオルを常に持ち歩くようにしましょう。
ハンカチでは頼りない場合がありますが、ハンドタオルなら十分拭き取れます。

 

おしゃれ感覚でハンドタオルを常備しましょう。
ハンドタオルにもブランドが存在しますし、それを所持していれば、
格好良く映るはずです。

 

まず試すべきなのは手洗い

汗をハンドタオルで拭けば、少々の間は手汗がそれほど気に掛からなくなります。
しかしそれは束の間のことですから、手汗は再び生じるかもしれません。
そこで事前対策も兼ねて行うべきなのは、こまめな手洗いです。

 

状況にも左右されるでしょうが、可能な限り手洗いを行いましょう。
その際は冷たい水が良く、手が冷却されれば手のひらの汗腺に収縮が起きるので、
手汗が生じにくくなります。
加えて気分がリフレッシュされるので、精神面でも緊張やストレスが減少するでしょう。

 

冷たいものを触る手法

一例として職場の話し合いなどでは、気軽に手洗いの為に席を立てないケースが
大半でしょう。

 

このような場合には、デスクや椅子の金属部にタッチして、
手のひらを冷却するようにします。
つまり手が伸ばせる冷たい部位にタッチする事で手を冷却するのです。

 

周りの人がそれに勘付いても気後れする事はありません。
「これで手汗がストップするんです」と説明すれば、納得は得られるはずです。

 

運転の際はグローブをしましょう

手汗の多い人が車を運転する時は、グローブを必ず身に付けましょう。
こうすればハンドルが手汗で滑る現象を避けられます。
手汗は手のひらに発生し、指先には現れないので、
指なしタイプのグローブでも大丈夫です。

 

手汗を抑えるにも、身近で手軽にできることが沢山ありますね。
できる対策から始めてみましょう。