手汗 抑える 方法

制汗剤の選び方は?

手汗をストップさせる手段は多岐に渡りますが、
物理的な手法としては、制汗剤を使うのが有効です。

 

読んで字のごとく、手汗を抑制する薬剤ですが、タイプが多数存在するので、
用途にマッチしたものを選択する事が重要です。

 

制汗剤の選択方法

制汗剤の種類は様々にありますが、基本としては制汗(汗を抑制する)成分と
汗のニオイの要因である雑菌の増加を防止する殺菌・抗菌成分を含有しています。
制汗剤を選択する際は、強力な制汗成分が入っているものを選びましょう。

 

一例としては、塩化アルミニウムが入っているタイプが有効です。
塩化アルミニウムには、汗腺を閉じて汗を抑制する効果があり、
皮膚科等では多汗症のための薬品としても用いられています。

 

注意点は皮膚への負荷が大きい事です。
皮膚が厚い手のひらには最適ですが、肌の弱い脇の下などに用いると、
場合によっては肌荒れやかぶれが生じる事もあります。

 

制汗剤の殺菌・抗菌成分に関する注意点

手汗の場合、ニオイは余り気に掛からないはずですから、殺菌・抗菌効果は無くていいでしょう。
強力な殺菌・抗菌成分を長期に渡って継続使用すると、皮膚の湿疹やかぶれ、
加えて色素沈着が生じる可能性もあります。

 

制汗剤のタイプは様々

制汗剤には、パウダー、ローション、クリーム、スプレーなどの種類があります。
スプレー式は便利ですが、皮膚に直に塗布する形式の方が、より長く持続するようです。

 

制汗剤で手のひらがベタベタする方は、パウダー式を使いましょう。
また、手汗専用の制汗剤には、寝るときだけ塗布するタイプも存在します。

 

制汗剤を用いる際の注意点

制汗剤は短時間・局所的な利用に抑えておきましょう。
制汗剤が汗を抑制するのは、汗腺の導管を閉じるからで、
皮膚の広い範囲の汗腺が閉じたままでは、身体に悪影響を及ぼします。

 

外から帰ったら即座に洗い落として、制汗剤の利用を最小限にしましょう。